代表あいさつ

代表取締役社長 桜井翔平(武藤周五郎)

会社名の由来は「Grow as a person」これは「人として成長する」という想いを込めています。

私自身、会社員として営業会社に勤め、現場の営業から部長職まで経験してきました。

起業後も、コンサルティング業をしていく中で、テクニックやスキルを磨くことも確かに大切ですが、最終的には「人と人の繋がり」が大切で、その繋がりを創るためには「人間力」が必要だと痛感してきました。

この人間力を付けていくためにも、誠意を持って懸命に働き、常に向上心・成長意欲を持って日々取り組んでおります。

「事業を通して人として共に成長していくこと」こそ、未来を切り開く唯一の手段だと思っております。

そんな理念や想いがある中で、私が得意であった「SNSマーケティング」や「組織マネジメント」を通して、集客・販売戦略に困っている方や組織構築・仕組化に困っている方、安定収益が取れない方や利益体質に出来ない方などのサポートをさせて頂いております。

クライアント様には、共に成長させて頂き、支えていただき、本当に感謝しております。

より多くの個人事業主や中小企業経営者に選ばれる人(会社)になれるよう、努力や学びを続けクライアント様のために尽くして参る所存です。

「楽しくなければ意味がない」をモットーに笑顔溢れる会社にして参ります。

 

桜井翔平(武藤周五郎)プロフィール

 

1981年埼玉県生まれ。

13歳の誕生日にギターを買ってもらい、そこからバンド活動に没頭。

型にハマらないROCKに魅力を感じ、将来、ミュージシャンになる為に活動をするもバンド解散により挫折。

派遣社員として営業会社へ務め始め、13年で部下100名を抱える部長職まで出世。

営業の現場では6万人を超える接客を行い、トップセールスに何度も輝く。

29歳の時、新規事業の責任者を任され、組織として西日本No.1へ導く。

30歳になり、会社の給料や将来の不安から副業を開始。
不動産投資、FXや株、先物取引などのセミナーへ参加するもどれも手を出すことが出来ず、物販に挑戦するも挫折。

起業塾や高額コンサルなどの学びに多額の自己投資をし、挫折や失敗を繰り返しながらも、SNSを活用しながらセミナーを開催するようになり、2017年より、自身の経験を活かした起業・副業コンサルティングを開始。

2019年に、全米トップコーチ「リー・ミルティア」の認定コンサルタントとなる。

プロダクトローンチを行い、1500万円を売り上げ、1000万円の利益を達成し法人化。

歯科医、美容室経営者、ファイナンシャルプランナー、サロンオーナー、ネイリスト、セラピスト、整体師、パーソナルトレーナー、スピリチュアルカウンセラー、イメージコンサルタント、WEBデザイナー、占い師、茶道教室、コーチ、コンサルタント、会社員、主婦など幅広いクライアントを抱え、収入の安定化や仕組化、新たなキャッシュポイントの確立に貢献。

現在は、個別コンサルティングに加え、クライアント同士が交流出来る起業家コミュニティーPolarisを運営。

その一方で、社会貢献事業として、学生向けの無料オンラインサロンWill shineも主宰し、これからの未来を背負う学生への指導・支援にも力を入れている。